【レポート】公開前イベント開催!主演・田中宏明、千眼美子歌唱披露&サンディエゴ国際映画祭公式選出作品に!

映画『夜明けを信じて。』は、10月16日(金)に全国公開。
公開を直前にした9月11日(金)の本日、東京・大井町のきゅりあん大ホールにてトーク&ライブイベントが行われました!田中宏明、千眼美子、長谷川奈央、そして本作の総合プロデューサーを務めた竹内久顕が参加しました。
キャスト間は十分な距離をとり、客席も1席ずつ間隔を空けた状態で、感染症対策を万全にして開催。観客にはサイリウムが配布され、ライブパートは色とりどりの光が揺れ賑わいを見せました。

今回のイベントでは、主演の田中とダブルヒロインとして映画を彩る千眼、長谷川によるトークコーナーのほか、壮大な物語に臨場感と感動を与える映画の楽曲をライブにて披露しました。田中が本作の主題歌「ただ一人往く」を、千眼が心を込めて挿入歌「愛の償い」を歌い上げました。

出演した(右から)長谷川奈央、田中宏明、千眼美子、竹内久顕

イベントは田中による主題歌「ただ一人往く」のライブからスタート。「ただ一人往く」は、本作の壮大な物語に臨場感と感動を与える一曲です。その主題歌と入れ替わる形で続いて、千眼が登場。愛する一条悟(田中宏明)へ捧げるかのように、挿入歌「愛の償い」を熱唱しました。

主演・田中宏明

類まれなる美声を聴かせて万雷の拍手に包まれた千眼は「凄く緊張したけれど、トップバッターの田中さんが堂々とスタートを切ってくれたので、その背中を見つめるような気持ちで歌わせてもらいました」とニッコリ。その田中の歌唱姿については「圧倒的清潔感!滲み出る田中さんの誠実さを感じ取っていただけたら」と絶賛しました。

悟に思いを寄せるヒロイン・立花美穂を演じた千眼美子

田中は、本作が映画初主演。演じた一条悟は、自らの思想を世に広めるために命をかける大手商社マン。主題歌「ただ一人往く」はこの世の欲望に振り回されず、道をただ一筋に生き抜く主人公を歌った曲です。田中は自身の歌唱に「トップバッターなので緊張しました。でも歌に込められた歌詞を大事に演じました」と照れた様子。すかさず竹内から「感動して泣いたよ~!」との絶賛を受けて場内は温かい笑顔に包まれました。

竹内は、スペイン・マドリード国際映画祭での快挙に「スタッフ・キャスト、そして会場にいらっしゃるみなさんのおかげです」と喜びを語り「さらにサンディエゴ国際映画祭の公式選出作品にも入りました!」と嬉しい発表。「昨年の映画『世界から希望が消えたなら。』でもノミネートまで行きましたが、受賞まではしなかったので今回は受賞を目指して頑張りたい」と喜色満面でした。

総合プロデューサー・竹内久顕

悟の初恋相手・水瀬千晶役の長谷川は映画の見どころについて「救世主がこの世界に立つまでの軌跡を描いています。一条は徳島の田舎の平凡な家庭に生まれました。その始まりは平凡からの出発だった…というところに注目してほしい」とアピール。主演の田中も「救世主が世に立つまでの生き方、人生、積極的な行動力、勇気、大胆さ。まさに『ただ一人往く』の歌に込められた力強さ、生き方そのものがこの映画の魅力です」と力強く呼びかけました。

悟の初恋相手・水瀬千晶を演じた長谷川奈央

一方、悟に思いを寄せるヒロイン・立花美穂役の千眼は「今回はエンドロールも見どころです!」と斜め上をいく視点で千眼節を炸裂。「エンドロールがメチャクチャカッコいい!観たら『あ…あ~!』となる。映画公開後に私のこのコメントを思い出していただき、私と同じようにエンドロールで『あ…あ~!』となっていただけたら」とキュートさを振りまいていました。

▷本作の楽曲一覧はこちらをご覧ください

映画『夜明けを信じて。』が、サンディエゴ国際映画祭公式選出作品に!

本作は、9月1日から5日にかけて行われたマドリード国際映画祭(スペイン)にて、長編外国語映画部門での最高賞の最優秀作品賞を受賞。
10月16日から18日に開催予定のサンディエゴ国際映画祭(アメリカ)にも公式選出作品となりました!本映画祭は、アメリカ映画雑誌ムービーメーカーが選ぶ「応募する価値のある映画祭 TOP25」に入る等、毎年北米で注目を浴びています。

▼関連記事

マドリード国際映画祭 長編外国語映画部門の最高賞にあたる「最優秀作品賞」受賞!赤羽博監督コメント動画公開!
主演・田中宏明が歌唱!主題歌「ただ一人往く」発売!
千眼美子歌唱!挿入歌「愛の償い」

映画『夜明けを信じて。』10月16日(金)公開!