映画『夜明けを信じて。』特報が公開!

人類史を変える「歴史的瞬間」が誕生。これは、映画を超えた真実。

「我が命ある限り、真理を世に問い続けようと…」昇りゆく夜明けの太陽とともに、一条悟(田中宏明)のその言葉で始まる本映像。
本作が描くのは、「人類史を変える‟歴史的瞬間”」。映像は切り替わり、東京ドームを埋め尽くす人々、その光景を報道するリポーター・立花美穂(千眼美子)、一条悟が載る新聞記事を手にし報道を見守る友人たち、そしてこの報道で、旧友である一条の今の活動を知って驚く水瀬千晶(⻑谷川奈央)らが次々と映し出されます。

「俺たちの手の届かない遠い世界へ行ってしまった」と語る者、「一条さんは神様みたいな人でしたから…」と回顧する女性。
一条悟は、なぜここまで多くの人を惹きつけるのか?彼らが語る一条悟という男は、一体何者なのか?
何を成し遂げ、何を人びとに与えてきたのか?そして、一条の乗る車を追いかける美穂の「私の知っているあなたは…」という言葉の真意とは?

「1991年7月15日」。この日付がまさしく本作で言う「歴史的瞬間」。
そのテロップとともに映像は転調し、巨大で邪悪な影に光で立ち向かう一条の内面を表したシーンが連続的に展開されます。
そして最後は、決意を固め、曇りなき表情で演説に向かう一条の「今こそ全世界の人々に、神の福音を述べ伝えよう」という言葉で、特報は締め括られています。

映画『夜明けを信じて。』2020年10月16日(金)公開!